人気ブログランキング |
ほたるの絵日記
mokohotaru.exblog.jp
ブログトップ
「露出」について①。
おはようございます。
元々、いぬが好きな人たちが一眼レフを買ったときに、
少しでも参考になればと思って始めたこのブログ「ほたるの絵日記」。

今回から少しずつですが、そんな方たちの役に立てるようなカメラの構造や設定について、
具体的に書いていこうと思います。
ですが、私自身が自己流なので一般的な常識からずれてることを書くかもしれません。
そして、私はキヤノンのカメラを使ってるので、
具体的な説明は、キヤノンのカメラになってしまいます。
大目に見て下さいね。


第一回目は、「露出」について少し触れてみたいと思います。

カメラは、光を取り込んでそれを画像にするのですが、
カメラに入る光の量が少なければ暗く、
逆に多ければ明るく写ります。

この光の量が適正になるように、カメラが計算するわけです。
これを「測光」といいます。光を測るってことですね。
この結果をもとに、カメラ自身や撮影者が「絞り」や「シャッタースピード」や「ISO」を決めるわけです。

「測光」の方式や、「絞り」「シャッタースピード」「ISO」については、今度、詳しくやりますね。
今回は、ちょっとおいておきます。

カメラってすごい。って思われたかと思いますが、実はそうでもなかったりします。
少々強引な言い方をすると、いつでも平均的な明るさに写るように計算しているだけなのです。

だから、夕方や部屋の中で撮ると、思ったより明るく写ったり、
空に浮かぶ雲を撮ると、実際より暗く写ってしまうのです。

ようするに、平均的な明るさにするということは、
白いものや明るいものは、実際よりも黒く暗く写していまい、
黒いものや暗いものは、実際よりも白く明るく写してしまうということなのです。

では、どうすれば見てるような明るさで写せるかというと、
カメラが導き出した結果を補正するのです。
これを「露出補正」といいます。

カメラが測光した結果をもとに、
出来上がりを黒っぽく暗くしたいのであれば、-(マイナス)に露出補正して、
逆に、出来上がりを白っぽく明るくしたいときは、+(プラス)に露出補正します。

簡単に言うと、白っぽいものや明るい写真を撮るときはプラス、
黒っぽいものや暗い写真を撮るときはマイナスすれば、
見たままの明るさになると言うことです。




現場での具体的な調整方法は・・・。
例えば夕方、思ったよりも明るく写ってしまったときは、まず「-1」して撮ってみる。
暗くなりすぎてしまったら、「-1/3」や「-2/3」にしたり、
もっと暗くしたいなら、「-2」にしたりして調整してみて下さい。





露出補正無し
a0150380_10413595.jpg


露出補正-1
a0150380_10415795.jpg
実際の明るさは、こんな感じでした。



でも、この「露出補正」は、応用撮影モードでしかできません。
キャノンのカメラでいう絵の書いてあるモード(笑)では使えないのです。
いわゆる、「P」とか「Av」とか「Tv」って書いてあるモードしか使えません。


折角、一眼レフを使うなら、是非この応用撮影モードを使って撮影しませんか?


にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ
★ランキング参加中 クリックお願いします↑

by mokomokohotaru | 2011-05-29 11:16 | いぬ写真の撮り方